月別アーカイブ: 5月 2013

These days

最近は何だかほんとに忙しくて、ますますブログの更新が滞っていたのですが、4月から入った秘書さんに、先生事務所のブログ更新しないのですか、と言われたのと、珍しく今夜はこの時間に既に飲むのを止めたので、更新します。 最近私がなんで忙しかったかって、誕生日があったり、大橋ジャンクションの公園がオープンして、その天空庭園という公園の畑で野菜栽培を始めたり、フラレたり、仕事が立て込んだりと、忙しい日々が続いていたからです。 最近は大橋ジャンクションの上の畑で百姓仕事に励んだり、ゴルフ行ったりでどんどん日焼けしてきて、久しぶりに会った人にはお前何でそんな黒くなったのか、とか聞かれて、弁護士も4年もやってればブラックになってきます、と言って怪訝な顔をされたりしてます。 それは冗談ですが、ここまで黒くなってくると中目黒あたりフラフラしていると、エグザイルのビルの前で出待ちしている女の子たちが私をエグザイルと間違えてしまうのではないか、そんな心配までしている私は、ちょっと心配性過ぎるかもしれない。 さて、最近の時事問題と言えば、やはり橋下市長、西村議員の従軍慰安婦発言問題。 橋下市長が戦時中の旧日本軍従軍慰安婦を「必要だった」、在日米軍兵の性犯罪防止のため、「在日米軍は合法的な日本の風俗業の活用を検討して欲しい」旨発言したことが、国際的にも国内でも非難を浴びている。 橋下市長は諸々お考えがあるのだろうし、論理的な思考回路、発言で感心することもあるが、今回の発言について、一言言わせてもらうと、日本の超有名政治家に「米兵は風俗をしっかり活用しろ」なんて言われてしまうと、在留米兵にとっては、こっそり行こうと思っていたのに、注目を集めてしまって却って迷惑な話になっているのではないか、という気もする。 色んな意味で橋下氏の発言は自らの立場をわきまえていないし、想像力に欠けた発言をしてしまったと思う。 しかし、それ以上にびっくりなのが、今日、日本維新の会の西村真悟衆院議員が大阪のコリアタウンの方々を慰安婦と言え、という失言をした件。すぐに発言を撤回をしても、やはり火は収まらず、維新の会からも除名処分を受けるらしい。 この人も元弁護士らしいのだが、何でこんなに、立場を理解しない発言をしてしまうのか。残念でならない。 最近つくづく思うのが、弁護士というのは、君子ではないし、品位を守れている人たちばかりではない、ということ。守秘義務の関係があり、詳しく書けないが、最近、私の仕事の関係者でも、懲戒になった弁護士、破産した弁護士、悲しい最期を迎えた先輩方がいて、自分はこうはならないようにと本当に勉強になることが多い。日々の生活の気の緩みや、仕事のやり方、発言の一つで、職を失う危険のある職業だし、時代がそういう時代なので、やはり事務所のブログでも軽はずみはことは書けないと思う。 しかし、今日は、何故か前の用事が早めに終わり、事務所で少しやらなけらばならないことがあって事務所に戻り、時間ができたので炎上を覚悟のうえ、橋下、西村先輩の従軍慰安婦発言問題について、コメントしようと思ったのだけど、橋下氏、西村氏が失敗したように、この手の問題については、発言内容を一歩でも間違うと、ブログが炎上しかねないのでここで筆が止まってしまった。 それでも、カドが立たないようにこれくらいの意見を述べるに止めたとしても、世の中には、ヒステリックな人や心無い人たちがいるから、やはり炎上したらどうしようかと心配で心配でならない。 だけど、もし炎上するなら、できたら吉原炎上みたいな感じで勘弁して欲しい。 タツゾー 近頃は色々悩みが多くて疲れてます。このブログもしばらくまた更新はしないと思います。

カテゴリー: ブログ, 政治 |