月別アーカイブ: 7月 2013

おら、山本太郎に負げねぇ

こんにちは、高橋です。そういえば、私、今月初めに日本弁護士連合会のシンポジウムに早期独立開業をした若手弁護士としてパネリストとして登壇して、スポーツ界でいうNUNBER的な業界紙に掲載されたりもしました。シンポジウムに向けて、この業界の広告やマーケティング事例などを結構勉強したところ、やはり、ブログとかウェブサイトをまめに更新をするのが、事務所への顧客呼び込み、売上倍増のために重要なようです。というのもあるのですが、友人や先輩の弁護士から、仕事で辛いときにアジアンタムブログを読んで癒されているよと、言われることがあるので、そんな日本社会を支えるビジネスパーソンたちのオアシスのこのブログを書くことにしました。  最近の話題と言えば、やはり総選挙。みなさん、選挙行きましたか?私は、投票価値の格差を是正しないままでは選挙も行きたくないような気もしましたが、世の右翼化傾向や憲法96条改正先行に異論があるので、それくらいの意見だけでも繁栄したいので投票行きましたけど、結局、投票率は低かったので残念でした。 私は数年前にネオ共産党宣言をして以来、既存の政党にはどれも与することなく、もちろん志位委員長の共産党とは相いれない信念を持ちながら、「国民の生活、それが一番大事」、というスローガンのもと、地域活動やボランティア活動を行ったり、おばさんたちと遊んだりして、草の根活動を続けてきて、今回の選挙では山本太郎候補に一矢報いたいと思っていましたが、惜しくも参院選までに被選挙権が得られなかったため、立候補には至りませんでした。やはり山本氏にはダンス甲子園でも、国政選挙でも敵わなかった、そんな悔しい日々を過ごしています。  さて、冗談はこのくらいにして、今回の選挙はいわゆるネット選挙の解禁でソーシャルメディアで各候補の政策や演説の日程などが告知されたりしていましたね。また、山本太郎氏やみどりの党の三宅洋平候補は演説の様子を支持者が動画を配信するなどして、かなり若年層に支持を広げたようです。一方で、アンチ山本太郎候補に対しては、メロリンQ時代のyoutube動画をソーシャルメディアでシェアするような心無い方々も散見されたりして、ソーシャルメディアと選挙のあり方について色々考えさせられましたね。  冗談は本当にこのくらいにして、動画もそうですが、顔写真のネット掲載などをすると、ニュースにでも名前がでようものなら、本当にすぐに名前も顔も検索されるようで、怖いですね。先日私の同期の弁護士が某テレヴィ番組の取材に対し、出会い系サイト詐欺の被害者として本当は被害にあっていない知人を番組に紹介したということで問題になってましたが、名前が出ていたので、私なんかはすぐにgoogleで検索して、フムフムこんな顔か、いかにも、、、とか思ったりしてしまいました。まあ、自分はこう見えて、結構まじめに仕事しているし、今日だって事務所のウェブサイトに掲載するブログの執筆を黙々とやっているくらいで、ニュースに出たりとか、親に顔向けできないようなことはしていない、と自信をもって言えるんですが、万が一、私が冤罪で逮捕されたり、悪い輩に付け込まれ犯罪の一翼を担ったように誤認されたりして逮捕されたりすることがあったら、そんな時に自分はどんな写真が出るんだろう、と心配になってきました。 最近、広島の死体遺棄事件では、共犯者のうち唯一成人だった運転手の男なんて、変なプリクラの写真がプロフィール写真として報道されていますけど、私は、もし逮捕されるようなことがあっても、ああいうのだけは避けたいですね。 冒頭で紹介したシンポジウム準備のために、いろんな事務所のウェブサイトや、弁護士向けコンサルティングサービスについて調査を行ったんですが、私は事務所のウェブサイトもそうだけど、顔の露出が多い方の弁護士だと思いました(別に顔を出してお嫁さんを募集しているわけではない)。 そうなると、万が一逮捕でもされたら、おそらくはこの事務所のウェブサイトの如何にも正義感たっぷりの写真が出てきたりして、この偽善者が、みたいな感じで思われてしまいそうです。最近では、ブログのプロフィール写真からずいぶん私も老けたようで、よく伊勢谷友介に似ていると言われるので、coco塾の宣伝の画像でも転載しておこうかな。 じぇじぇじぇ!こんな時間だ。もう依頼者がきちまう。おら、弁護士業のマーケティング手法についで研究はしたんだげど、今日のこのエントリーじゃ、売上倍増につながんねぇ!そんなおらだげど、ブログ更新が疎かになってることからわかるように、結構仕事はまじめにやってんだ! タツゾー  

カテゴリー: ブログ, 政治 |