我が良きともよ

チャック・べリーが死んだ。ムッシュかまやつも死んだ。
僕にとってジョニーBグッドもロール・オーヴァー・ベートーベンもオリジナルよりスパイダーズのものだ。
そしてビーバップ・ア・ルーラはジーン・ヴィンセントではなくムッシュかまやつのものだ。
金沢文庫の名前も思い出せないダイニングバーでムッシュが歌ったサティスファクションもモナレコーズでのバンバンバンも両親を連れて行った高崎市新町のホールでのブルースザブッチャーズwithムッシュのroute66も中野サンプラザでの堺正章、井上順とのスパイダーズ・ナンバーもみんな忘れられない思い出だ。生きることは好きな人との別れなんだと今年も実感する。
So long monsieur,forever Spiders.

年初からずっと忙しい。
仕事は忙しかったり、そうでもなかったりだがとにかく生まれつき私は落ち着きがないため、本当に忙しい。4年ぶりに家を引っ越した。引っ越し業者代の節約のためなのか、友人たちに引っ越しを手伝ってもらいたかったためなのか、よくわからないが、恒例のセルフ引っ越しをするので軽トラックを借りにトヨタレンタカーまで愛車を走らせようとしたら駐車場から車道にでた瞬間タクシーとぶつかって事故った。却って高くついた。
やはり落ち着いて行動しないとうまくは行かない。
仕事も恋も、運転も。
それでも引っ越しをするたびに集まってくれる友人がいつまでもいてくれるのはとてもありがたいことだ。

ところで明日は誕生日。
恒例の誕生日会を今週末に行うが、今回は何も用意していない。今月は部下の結婚式の挨拶でラップを披露しラッパーデビューをしたのだけれど、完全にその新郎新婦のために作った詞のため使い回しが効かない。
何も用意してないが友人たちが集まってくれるのはうれしい。気がつけば私は誕生日に彼女がいたとか彼女と一緒にいたことは人生において数える程しかない。
この5年でいえば1回しかない。
それなので今年の誕生日も奥さんがいないことは勿論彼女がいないことについてがっかりしているということ自体ピント外れなのだろうか。

ところで今年も友人が僕のために山下達郎のコンサートチケットを取ってくれたので市川までツアーに行ってきた。コンサートは80年代の楽曲中心だった。
それはそれとして、私は当初RAY OF HOPEの良さが解らなかったが最近分かってきた。これは自分の成長(老化)と山下達郎の音楽の普遍性なんだろうと思った。良いものは良い、良いものに気づけないのは自分の目が狂ってる可能性を検討したほうが良い、ということに気がついた32歳の最後の夜。
明日からまた仕事で忙しい。儲かっているわけではないが、日々好きな友人も少しずつ増えていることに感謝して、寝る。

辰三a.k.a世田谷の辰MC

関連記事

カテゴリー: ブログ   パーマリンク