カテゴリー別アーカイブ: 文化

2015年を振り返って

大変ご無沙汰しております。最近も時々依頼者がブログを読んだと言ってくださることがあるのですが、如何せんあまりに古い投稿のためそういう時にどう応対して良いものか悩みます。 ブログをよく書いていた頃の自分と今の自分があまりにもかけ離れていて、例えるなら、昨年までのキムタクと今年のキムタク位に違うのでなんだかとても恥ずかしい思いです。 昨年は平和安全法制を国民に対しては平和的にではなく推し進めた政権との闘いにあっけなく敗れ、敗戦の傷も癒えずに年明けまで意気消沈していましたが、何とか今週位から体調が回復してきました。 それでは、毎年恒例となっている2015年のベスト映画(というかもうほとんど観た映画に近い)3本。 1.『黒衣の刺客』  監督 ホウ・シャウ・シェン  こんな綺麗な映像は見たことがない。ストーリーの読めなさと反比例して引き込まれてします迫力の演技と音響に脱帽。観終わった後の疲れも結構すごい。 2.『アクトレス ~女たちの舞台~』  監督 オリヴィエ・アサイヤス  この監督のパンチがなくなってしまったようにも思えるが女たちの葛藤をリズミカルな会話でうまくまとめている。 3.『ローリング』  監督  冨永昌敬  水戸を舞台にした、非常に身近な問題を扱った作品。コミカルでありながらシリアスなテーマであり、妙に人生を考えさせてくれる秀作。 色々見たかった映画もあるのだが、体調不良やデートやらでなかなか映画を見に行くことができなかった。 さて、最近の時事問題といえばゲスの極み問題やSMAPの茶番劇が取りざたされていますが、本当にどうでも良くて、これからはもうスマスマの時間はキスマイブサイクを繰り上げた方が良いくらいしか思わない。一方で池尻のデヴィッド・ボウイを自称していた私としては、デヴィッド・ボウイの死去はあまりにも残念でならない。 人生は好きな人や好きなものとの別れを経験していくプロセスだと思っているが、それは知人友人でなくても何か気になっていた人も同じだ。あの人は良い人だった、素晴らしい人だった、革新的な人だった、そんな誰かとの別れを繰り返していって終わる。昨年は尊敬する先輩で大瀧詠一さんを好きだった先輩も亡くなって感慨深いものがあった。 亡くなった彼らもスターマンとして空で私を待っていてくれる気がする。 ところで、自分はここのところずっと暗い。その理由の大半は平和安全法制を推し進める政権に手が出なかったことにあるが、やはりアベノミクスのトリクルダウンがいつまで経っても滴り落ちてこない、すなわち、自分の生活が上向いていかないことにあると思っている。今年は日弁連会長選があり、司法制度改革、合格者数についても争点になっているが、それは国会でやって欲しい。 以前、元日弁連会長が都知事選にでたときに原発政策の反対を掲げていたが、あれも国会議員に出てくださいと思ったが、なぜこうも選挙というのは争点がずれるのか。政策の戦いになっていない。司法研修所で徹底的に勉強した訴訟物理論をはき違えているのではなかろうか。おそらくは私のこのブログと同様、言いたいことが多すぎて何が言いたいのかわからない、だから不満だけ残る、そんなところではないだろうか。 夏の参院選では、やはり安保(戦争)法制の賛否が争点になるのかという見方が強いが、経済政策の成果・失敗や軽減税率(という名の増税隠し)、それともSMAPがやはり独立するのか等、何が争点になるのか本当に予想がつかない。野党連立といっても大連立とはおおよそ言えないし、あまり期待はできそうにない。イノベーションの起こらない国である。 そんな中でもやはり私も少しずつ自分を強くしなくてはならないと思う。だけどおそらく、It Ain’t Easy。 タツゾー

カテゴリー: ブログ, 文化 |

2014年を振り返って

あけましておめでとう、と言いたいところですが、私に恋人ができたことを除けば、やはり年は明けたが別におめでたくはない、そんな気持ちです。この経済情勢、つまらない紅白歌合戦、恐ろしい政権を眺めて、当たり前に明ける年を迎えたくらいで「おめでとう」と言うほど、私はおめでたい男ではない。繰り返しになるが、恋人ができたことを除いては。 昨年はよく働き、よく遊んだ、30歳にもなったし、体も壊したが、年末には仕事も一段落して個人的には悪い年ではなかった。が、やはり時代が好きになれない。昔から懐古傾向のある自分ではあるが、益々その傾向が強まっている。ところで毎年12月と新年の仕事といえば年賀状作りと発送なのだけれど、今年は送られてきた年賀状に、仲良くしていた方のお店が最近営業を再開したという報告や友人が「お正月に入籍します」、と教えてくれたり、そんな賀状を眺めながら年賀状っていいなあと思った。 さて、昨年はたいして映画など見ていないが恒例の高橋の2014年好きな映画ベスト3。 1.グランド・ブダペスト・ホテル   ウェス・アンダーソン  極彩色が彩るコミカルでハートがときめくキュートな映画。ちょっとくどかったかもしれないけど。 2.ニシノユキヒコの恋と冒険    井口奈己  出てくる女性がみんな素敵。そしてニシノユキヒコも素敵。日本版「恋愛日記」。 3.毛皮のヴィーナス  ロマン・ポランスキー  ポランスキーの変態っぷりが良質なジョークで上手く調和された傑作。エマニュエル・セニエの演技がたまらない。 それよりやはり昨日シネマヴェーラ映画史上の名作でみたルビッチの「ニノチカ」が良かった。グレタ・ガルボ扮する共産党員ニノチカがたまらなく良かった。 あれくらいの美女がコメディをすると映画は引き締まります。 私も今年は美容や服装などにもっと気を遣い、あれくらいの、、以下略 今年もよろしくお願いします。 タツゾー

カテゴリー: 文化 |

2013年を振り返って

皆様、新年、明けまして、、、、 ところで私は今年で30歳になるのですが、毎年私の誕生日に大滝詠一氏は昔の作品の復刻版をリリースしていました。 そして私の生まれた日は大滝詠一氏の「EACH TIME」の発売日であり、今年はその30周年にあたります。 2013年12月30日大滝詠一氏がこの世を去りました。音楽家としての活動はほぼ休眠状態だったため、残念という思いはそれほどないのですが、心に穴が空いた、そんな感覚です。 毎年恒例の高橋の心に残った映画3本を紹介する前に大好きな大滝詠一の歌3曲。 1.青空のように  (ナイアガラ・カレンダー 6月) こんな素敵な恋がしたい曲 2.夏のペーパーバック(EACH TIME) こんな時代に戻りたい曲 3.A面で恋をして (ナイアガラ・トライアングルvol.2) こんな素敵な結婚をしたい曲 昨年は、ますます映画に行く心の余裕がなくなり、10本も見ていないかもしれない。その中でも比較的良い作品に出会えたのではないかと思う。 1.ホーリー・モーターズ  レオス・カラックス監督 まだレオス・カラックスがいて良かった、圧倒的な出来。ドゥニ・ラヴァンの才能が爆発し、映画の未来を感じさせる傑作。 2.華麗なるギャツビー  バズ・ラーマン監督 娯楽映画としての最高級の完成度。ディカプリオが華麗すぎて、何度でも見たい作品。 3.スカイラブ  ジュリー・デルピー監督 もしかしたらウッディ・アレンを超えたか、と思うくらいの完璧に仕組まれた笑い。笑いの中にデルピーの家族愛が垣間見える秀作。 昨年は総じて人の死というものを意識する年となった。 民主主義、表現の自由などについて気にかかることが多くなってきた。 昨年は何かに追い詰められているような気がいつもしていて、映画に行く心の余裕を失っていた。 今年は生きている、自由であるという事の幸せを噛み締めて、素晴らしい作品と出会えるように生活していきたい。 つまらない投稿になりましたが、本年もどうぞよろしくお願いします。 タツゾー タツゾー

カテゴリー: 文化 |