カテゴリー別アーカイブ: ブログ

2015年を振り返って

大変ご無沙汰しております。最近も時々依頼者がブログを読んだと言ってくださることがあるのですが、如何せんあまりに古い投稿のためそういう時にどう応対して良いものか悩みます。 ブログをよく書いていた頃の自分と今の自分があまりにもかけ離れていて、例えるなら、昨年までのキムタクと今年のキムタク位に違うのでなんだかとても恥ずかしい思いです。 昨年は平和安全法制を国民に対しては平和的にではなく推し進めた政権との闘いにあっけなく敗れ、敗戦の傷も癒えずに年明けまで意気消沈していましたが、何とか今週位から体調が回復してきました。 それでは、毎年恒例となっている2015年のベスト映画(というかもうほとんど観た映画に近い)3本。 1.『黒衣の刺客』  監督 ホウ・シャウ・シェン  こんな綺麗な映像は見たことがない。ストーリーの読めなさと反比例して引き込まれてします迫力の演技と音響に脱帽。観終わった後の疲れも結構すごい。 2.『アクトレス ~女たちの舞台~』  監督 オリヴィエ・アサイヤス  この監督のパンチがなくなってしまったようにも思えるが女たちの葛藤をリズミカルな会話でうまくまとめている。 3.『ローリング』  監督  冨永昌敬  水戸を舞台にした、非常に身近な問題を扱った作品。コミカルでありながらシリアスなテーマであり、妙に人生を考えさせてくれる秀作。 色々見たかった映画もあるのだが、体調不良やデートやらでなかなか映画を見に行くことができなかった。 さて、最近の時事問題といえばゲスの極み問題やSMAPの茶番劇が取りざたされていますが、本当にどうでも良くて、これからはもうスマスマの時間はキスマイブサイクを繰り上げた方が良いくらいしか思わない。一方で池尻のデヴィッド・ボウイを自称していた私としては、デヴィッド・ボウイの死去はあまりにも残念でならない。 人生は好きな人や好きなものとの別れを経験していくプロセスだと思っているが、それは知人友人でなくても何か気になっていた人も同じだ。あの人は良い人だった、素晴らしい人だった、革新的な人だった、そんな誰かとの別れを繰り返していって終わる。昨年は尊敬する先輩で大瀧詠一さんを好きだった先輩も亡くなって感慨深いものがあった。 亡くなった彼らもスターマンとして空で私を待っていてくれる気がする。 ところで、自分はここのところずっと暗い。その理由の大半は平和安全法制を推し進める政権に手が出なかったことにあるが、やはりアベノミクスのトリクルダウンがいつまで経っても滴り落ちてこない、すなわち、自分の生活が上向いていかないことにあると思っている。今年は日弁連会長選があり、司法制度改革、合格者数についても争点になっているが、それは国会でやって欲しい。 以前、元日弁連会長が都知事選にでたときに原発政策の反対を掲げていたが、あれも国会議員に出てくださいと思ったが、なぜこうも選挙というのは争点がずれるのか。政策の戦いになっていない。司法研修所で徹底的に勉強した訴訟物理論をはき違えているのではなかろうか。おそらくは私のこのブログと同様、言いたいことが多すぎて何が言いたいのかわからない、だから不満だけ残る、そんなところではないだろうか。 夏の参院選では、やはり安保(戦争)法制の賛否が争点になるのかという見方が強いが、経済政策の成果・失敗や軽減税率(という名の増税隠し)、それともSMAPがやはり独立するのか等、何が争点になるのか本当に予想がつかない。野党連立といっても大連立とはおおよそ言えないし、あまり期待はできそうにない。イノベーションの起こらない国である。 そんな中でもやはり私も少しずつ自分を強くしなくてはならないと思う。だけどおそらく、It Ain’t Easy。 タツゾー

カテゴリー: ブログ, 文化 |

2015年の12月の雨の日

今年ももうすぐ終わろうとしている。12月といえば、クリスマス。年に一度のクリスマス。奇妙キテレツクリスマス。何故か知らねどクリスマス。大瀧詠一さんがなくなってもうすぐ一年、今月大滝さんのベスト盤が出たので、よく聴いています。今夜は、派閥の忘年会のあと市ヶ谷で忘年会、そのあと荒木町のバーの小ママの誕生日なので夜からとても忙しい。昼はそうでもないのでブログを更新。最近は飲み会を二つくらいハシゴすることも多く昔学校の先生から習った師匠も走るほど忙しい師走とはこのことか!と思っている。え、私が何の師匠かって、それは、ちょっと言えないんだけれど。 最近、私も昔からやりたかったバンド活動も始めました。来週の金曜日にバンドデビューライブをやりますが、その時はきっと衆院選の結果にがっかりしながらセルジュ・ゲンズブールのNazi rockを歌っていることでしょうね。ちなみに一曲だけですがオリジナルも作りました。My Bloody Chiristmas Eve.という曲で、初めて作詞作曲をした割にはとても良い曲になりました。まあクリスマスソングなので1度歌ったら少なくとも1年はお蔵入りになりますが。 やはり最近の時事ネタといえば衆院選。 東京新聞28面こちら特報部より 「政権信任、有権者の20%。このままでいいの?」「低投票率」で「与党圧勝」の情勢 ここのところ私はとても忙しい。週末の衆院選に立候補した候補者たちも私ほどではないにせよ、忙しそうですね。ただ、私はそれほど忙しくても選挙の投票には行きたいと思う。投票に行かない人はおそらく候補者より、私よりよっぽど忙しい人なんだろうと思うので、私はこれから飲みにさそったりデートに誘ったりすることはないと思う。でも武井咲に少し似ていれば、デートに誘いたい。 ちなみに私の選挙区は、割と拮抗しているようで、現職、元合わせ衆議院議員経験者が3人も出ているうえに、常連のドクター中松氏も出ている。まさに群雄割拠。事務所が駅の近くなもんだから結構演説をしている候補者を見かける。最近お話させていただいた弁護士の候補も色々とお騒がせの先生ではあるが、政策がしっかりしているようなので応援をしたい。それでもズラッと並んだ候補者名簿を見ていると、おそらく自民党の候補者が当選するのだろうけど、自民党の候補者はその人の能力が高いというよりは、社交的で、長いものに巻かれたい、お調子者、という感じで、民主党は見た感じは何故かパッとしない、真面目だが暗そう、つまらなそう、そういうイメージがある。やはり私の選挙区でいうと一番能力がありそうなのはダントツでドクター中松なんだけれども、ではドクターに投票すべきとも思えない。そういう訳で自分の選挙区に関しても誰に入れようか大変に迷うところで、迷いに迷って、投票に行かないという世の多数の人に成り下がってはいけないと思っている。 景気回復、この道しかない。この道しかないとおもったら、この道じゃなかった、というのが、世の常で、別に景気回復なんてしないでしょうよ、と思ってしまう。大体にして景気回復、アベノミクス選挙とか言っても、アベノミクスが上手く行っているならなぜ解散総選挙なんてするのかと思う。 そろそろ、私も弁護士生活丸5年になるのだけれど、さすがに5年もすれば伴侶が見つかっていると思っていたが、生活ぶりに変わり映えがない。むしろどちらかと言えば、私のプライベートライフの幸福度は後退している。アベノミクスの効果は大企業だけで市民にまで届いていないとテレヴィでコメンテータが口にしているけれど、まさにそういうことかと思う。この子しかいない、と思ったら、この子じゃなかったみたいな話は結構あったが、やはり私はアベノミクスの恩恵が全くない、と声を大にして言いたい。 それにしても今年は1年が早い。最近は本業が忙しい上に、仕事が忙しくなると、仕事だけに生きてはいけない心理が働くため、また別の予定を入れてしまい、益々忙しくなるというスパイラルにはまってしまう。この現象はなんというのかと人にきいたらそれをリア充というのだよ、と言うから、そうか自分はリア充なのか、それなら良かった、それにしてもなぜか虚しい。しかも懐も寒い。最近はもう本当に政権が嫌いで、かと言ってそのあたりのことで意見が合ってお話できるのが近所の小さいイタリアンレストランのおばちゃんくらいなもので、私の閉塞感ここに極まれりといった状況である。 そうか、私の不幸せな原因は政権が嫌いだからなんだ。そして、今回も与党圧勝の情勢ということは、、、ああ、来年もきっと閉塞感に包まれているのだろうな。 「明日あたりはきっと春」ならいいのだけれど、うーん、2015年の12月の雨の日、何を思っているのだろか。春よ来い。 タツゾー

カテゴリー: ブログ, 政治 |

おら、山本太郎に負げねぇ

こんにちは、高橋です。そういえば、私、今月初めに日本弁護士連合会のシンポジウムに早期独立開業をした若手弁護士としてパネリストとして登壇して、スポーツ界でいうNUNBER的な業界紙に掲載されたりもしました。シンポジウムに向けて、この業界の広告やマーケティング事例などを結構勉強したところ、やはり、ブログとかウェブサイトをまめに更新をするのが、事務所への顧客呼び込み、売上倍増のために重要なようです。というのもあるのですが、友人や先輩の弁護士から、仕事で辛いときにアジアンタムブログを読んで癒されているよと、言われることがあるので、そんな日本社会を支えるビジネスパーソンたちのオアシスのこのブログを書くことにしました。  最近の話題と言えば、やはり総選挙。みなさん、選挙行きましたか?私は、投票価値の格差を是正しないままでは選挙も行きたくないような気もしましたが、世の右翼化傾向や憲法96条改正先行に異論があるので、それくらいの意見だけでも繁栄したいので投票行きましたけど、結局、投票率は低かったので残念でした。 私は数年前にネオ共産党宣言をして以来、既存の政党にはどれも与することなく、もちろん志位委員長の共産党とは相いれない信念を持ちながら、「国民の生活、それが一番大事」、というスローガンのもと、地域活動やボランティア活動を行ったり、おばさんたちと遊んだりして、草の根活動を続けてきて、今回の選挙では山本太郎候補に一矢報いたいと思っていましたが、惜しくも参院選までに被選挙権が得られなかったため、立候補には至りませんでした。やはり山本氏にはダンス甲子園でも、国政選挙でも敵わなかった、そんな悔しい日々を過ごしています。  さて、冗談はこのくらいにして、今回の選挙はいわゆるネット選挙の解禁でソーシャルメディアで各候補の政策や演説の日程などが告知されたりしていましたね。また、山本太郎氏やみどりの党の三宅洋平候補は演説の様子を支持者が動画を配信するなどして、かなり若年層に支持を広げたようです。一方で、アンチ山本太郎候補に対しては、メロリンQ時代のyoutube動画をソーシャルメディアでシェアするような心無い方々も散見されたりして、ソーシャルメディアと選挙のあり方について色々考えさせられましたね。  冗談は本当にこのくらいにして、動画もそうですが、顔写真のネット掲載などをすると、ニュースにでも名前がでようものなら、本当にすぐに名前も顔も検索されるようで、怖いですね。先日私の同期の弁護士が某テレヴィ番組の取材に対し、出会い系サイト詐欺の被害者として本当は被害にあっていない知人を番組に紹介したということで問題になってましたが、名前が出ていたので、私なんかはすぐにgoogleで検索して、フムフムこんな顔か、いかにも、、、とか思ったりしてしまいました。まあ、自分はこう見えて、結構まじめに仕事しているし、今日だって事務所のウェブサイトに掲載するブログの執筆を黙々とやっているくらいで、ニュースに出たりとか、親に顔向けできないようなことはしていない、と自信をもって言えるんですが、万が一、私が冤罪で逮捕されたり、悪い輩に付け込まれ犯罪の一翼を担ったように誤認されたりして逮捕されたりすることがあったら、そんな時に自分はどんな写真が出るんだろう、と心配になってきました。 最近、広島の死体遺棄事件では、共犯者のうち唯一成人だった運転手の男なんて、変なプリクラの写真がプロフィール写真として報道されていますけど、私は、もし逮捕されるようなことがあっても、ああいうのだけは避けたいですね。 冒頭で紹介したシンポジウム準備のために、いろんな事務所のウェブサイトや、弁護士向けコンサルティングサービスについて調査を行ったんですが、私は事務所のウェブサイトもそうだけど、顔の露出が多い方の弁護士だと思いました(別に顔を出してお嫁さんを募集しているわけではない)。 そうなると、万が一逮捕でもされたら、おそらくはこの事務所のウェブサイトの如何にも正義感たっぷりの写真が出てきたりして、この偽善者が、みたいな感じで思われてしまいそうです。最近では、ブログのプロフィール写真からずいぶん私も老けたようで、よく伊勢谷友介に似ていると言われるので、coco塾の宣伝の画像でも転載しておこうかな。 じぇじぇじぇ!こんな時間だ。もう依頼者がきちまう。おら、弁護士業のマーケティング手法についで研究はしたんだげど、今日のこのエントリーじゃ、売上倍増につながんねぇ!そんなおらだげど、ブログ更新が疎かになってることからわかるように、結構仕事はまじめにやってんだ! タツゾー  

カテゴリー: ブログ, 政治 |