2015年を振り返って

大変ご無沙汰しております。最近も時々依頼者がブログを読んだと言ってくださることがあるのですが、如何せんあまりに古い投稿のためそういう時にどう応対して良いものか悩みます。
ブログをよく書いていた頃の自分と今の自分があまりにもかけ離れていて、例えるなら、昨年までのキムタクと今年のキムタク位に違うのでなんだかとても恥ずかしい思いです。

昨年は平和安全法制を国民に対しては平和的にではなく推し進めた政権との闘いにあっけなく敗れ、敗戦の傷も癒えずに年明けまで意気消沈していましたが、何とか今週位から体調が回復してきました。

それでは、毎年恒例となっている2015年のベスト映画(というかもうほとんど観た映画に近い)3本。

1.『黒衣の刺客』  監督 ホウ・シャウ・シェン
 こんな綺麗な映像は見たことがない。ストーリーの読めなさと反比例して引き込まれてします迫力の演技と音響に脱帽。観終わった後の疲れも結構すごい。

2.『アクトレス ~女たちの舞台~』  監督 オリヴィエ・アサイヤス
 この監督のパンチがなくなってしまったようにも思えるが女たちの葛藤をリズミカルな会話でうまくまとめている。

3.『ローリング』  監督  冨永昌敬
 水戸を舞台にした、非常に身近な問題を扱った作品。コミカルでありながらシリアスなテーマであり、妙に人生を考えさせてくれる秀作。

色々見たかった映画もあるのだが、体調不良やデートやらでなかなか映画を見に行くことができなかった。

さて、最近の時事問題といえばゲスの極み問題やSMAPの茶番劇が取りざたされていますが、本当にどうでも良くて、これからはもうスマスマの時間はキスマイブサイクを繰り上げた方が良いくらいしか思わない。一方で池尻のデヴィッド・ボウイを自称していた私としては、デヴィッド・ボウイの死去はあまりにも残念でならない。
人生は好きな人や好きなものとの別れを経験していくプロセスだと思っているが、それは知人友人でなくても何か気になっていた人も同じだ。あの人は良い人だった、素晴らしい人だった、革新的な人だった、そんな誰かとの別れを繰り返していって終わる。昨年は尊敬する先輩で大瀧詠一さんを好きだった先輩も亡くなって感慨深いものがあった。
亡くなった彼らもスターマンとして空で私を待っていてくれる気がする。

ところで、自分はここのところずっと暗い。その理由の大半は平和安全法制を推し進める政権に手が出なかったことにあるが、やはりアベノミクスのトリクルダウンがいつまで経っても滴り落ちてこない、すなわち、自分の生活が上向いていかないことにあると思っている。今年は日弁連会長選があり、司法制度改革、合格者数についても争点になっているが、それは国会でやって欲しい。
以前、元日弁連会長が都知事選にでたときに原発政策の反対を掲げていたが、あれも国会議員に出てくださいと思ったが、なぜこうも選挙というのは争点がずれるのか。政策の戦いになっていない。司法研修所で徹底的に勉強した訴訟物理論をはき違えているのではなかろうか。おそらくは私のこのブログと同様、言いたいことが多すぎて何が言いたいのかわからない、だから不満だけ残る、そんなところではないだろうか。
夏の参院選では、やはり安保(戦争)法制の賛否が争点になるのかという見方が強いが、経済政策の成果・失敗や軽減税率(という名の増税隠し)、それともSMAPがやはり独立するのか等、何が争点になるのか本当に予想がつかない。野党連立といっても大連立とはおおよそ言えないし、あまり期待はできそうにない。イノベーションの起こらない国である。

そんな中でもやはり私も少しずつ自分を強くしなくてはならないと思う。だけどおそらく、It Ain’t Easy。

タツゾー

カテゴリー: ブログ, 文化 |

春にして僕は想う

今週から私のいわゆる弁護士業務の繁忙期が去った。そのため、ランチで自宅に帰ったりすることも多い。最近はスープ作りが趣味になった。暇な日はそのまま食後に紅茶をすすりながら、窓から見える公園にある満開の梅の下で戯れるちびっこを眺めながら、ああ、弁護士の仕事がないとはこうも穏やかなことなのか、とほのぼのしている。今日は近所のおばあさんの家にお昼を食べにいっていたが、戻っても我が事務所は平和だ。憲法9条の賜物だろうか。

午後3時。事務所に戻る、するとチャイムが。地元の信用金庫の行員が定期積金の集金にやってきた。あー、お金用意しておくの忘れていた、と事務所の下の三菱のATMで3万円を下ろし、お姉さんに渡して、積金手帳にスタンプを押してもらってまた来月。これはいったいどういう商売なんだろうか。うちの事務所も始めようか、などと考えてコーヒーを啜る。

午後4時。何か郵便物でも来ないかな〜、とポストに降りていく昼下がり、ポストには何もない。そう我が事務所は普通郵便が届く時間が遅い。これはかなり業務上不利であると思っている。

午後4時半。再度ポストに郵便物チェック。唯一の郵便物である第一法規社からのゆうメール。開封すると新刊された「弁護士 転ばぬ先の経営失敗談」。
執筆者への献本はいいが、ちょっとこのタイミングは冗談きついぜ。
一気に読了。

ここで高橋の頭に成仏理論という言葉がよぎる。
成仏理論とは高名な民事訴訟学者が唱える、大要「問題の捉え方がそもそも間違っている。食べていけるかどうかを法律家が考えるというのが間違っているのである。何のために法律家を志したのか。私の知り合いの医師が言ったことがある。世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。人々のお役に立つ仕事をしていれば、法律家も飢え死にすることはないであろう。飢え死にさえしなければ、人間、まずはそれでよいのではないか。その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう」という職務スタンスに関する有力説。
そういえば、うちの事務所には頂き物の酒とお菓子は溢れている。今日も後輩弁護士からシャンパンとワインが届いた。

午後6時。久しぶりにこのブログを書き始める。
さて最近の時事問題といえば、と東京新聞1面をめくると「格差論争 対立鮮明 岡田代表 「貧困率拡大」「富の再配分」 安倍首相「変化はない」「機会の平等」衆院予算委」の見出し
うーん、そういえば、最近トマ・ピケティの来日もあってピケティ・ブームのようだけど、キャピタルの日本語訳本は訳本というよりは著者の解説本らしい。「富の再配分」とは最近よく言われるが、いつぞや首相は、日本はまだ格差は大したことない、ピケティもそう言ってる、と話していたが、来日してピケティのインタビューみたらそうでもないらしい。おそらく本の都合の良い断片だけ教わって、とりあえず言ってみたみたいなところだろうが、こういうのは私も結構あるので耳が痛い。

自分も弁護士になって丸五年が過ぎ、弁護士会の委員会などもお誘い頂いているので、時間の許す限りは自分がメンバーになっている会議には出ている。しばらく前は若手の急先鋒として頑張っていた気がしていたのだけれど、数年ぶりに会務に出るようになると、後輩の先生方もバリバリと活躍し、会議でも発言力を増している。今週は弁護士業こそ忙しくなかったが、会務活動以外にも、ボランティア関係の野菜の栽培計画を立てて計画表を作成したり、先輩弁護士の開所パーティーに行って昼間から飲みながら蜷局をまいたりして、それでも結構バタバタしていた。また、近々行う元アスリートのインタビューに向けて何冊か著書を読んでみて、とりあえず弁護士業以外のことや自分ではない弁護士のマーケティング戦略を立てている。

ここのところ弁護士会の会務もでていると楽しく感じることもあるのだが、なんでこんな無駄なことを始めようとしているのか、とか、議論しているのだろう、と思うこともあるが、ここでは立場上書けない。
ところで、今年から新人弁護士のクラス別研修の担任にもなってしまったので教材を眺めていると、え、マジか!みたいに仰天している。電話のとり方の作法、電話の終わり方の作法、相手と面談するときの心構えなど、色々勉強になることが多い。はあ、指導担当辞退できないものか。
弁護士会の活動としてクラス別研修は良いと思っているけれど(自分が指導担当であることを除いて)。

午後7時。再び、東京新聞に目を移す。
『首相、在任中改憲に意欲  発議時期・内容 「自ら最終判断」』
記事によれば改憲の国会発議は来年夏の参院選後が望ましいと考えているとのことだ。

と、なると、来年夏くらいまではうちの事務所も暇ということだろうか。
平和は良いなあ。南無阿弥陀仏。

タツゾー

カテゴリー: 政治 |

2014年を振り返って

あけましておめでとう、と言いたいところですが、私に恋人ができたことを除けば、やはり年は明けたが別におめでたくはない、そんな気持ちです。この経済情勢、つまらない紅白歌合戦、恐ろしい政権を眺めて、当たり前に明ける年を迎えたくらいで「おめでとう」と言うほど、私はおめでたい男ではない。繰り返しになるが、恋人ができたことを除いては。

昨年はよく働き、よく遊んだ、30歳にもなったし、体も壊したが、年末には仕事も一段落して個人的には悪い年ではなかった。が、やはり時代が好きになれない。昔から懐古傾向のある自分ではあるが、益々その傾向が強まっている。ところで毎年12月と新年の仕事といえば年賀状作りと発送なのだけれど、今年は送られてきた年賀状に、仲良くしていた方のお店が最近営業を再開したという報告や友人が「お正月に入籍します」、と教えてくれたり、そんな賀状を眺めながら年賀状っていいなあと思った。

さて、昨年はたいして映画など見ていないが恒例の高橋の2014年好きな映画ベスト3。
1.グランド・ブダペスト・ホテル   ウェス・アンダーソン
 極彩色が彩るコミカルでハートがときめくキュートな映画。ちょっとくどかったかもしれないけど。
2.ニシノユキヒコの恋と冒険    井口奈己
 出てくる女性がみんな素敵。そしてニシノユキヒコも素敵。日本版「恋愛日記」。
3.毛皮のヴィーナス  ロマン・ポランスキー
 ポランスキーの変態っぷりが良質なジョークで上手く調和された傑作。エマニュエル・セニエの演技がたまらない。

それよりやはり昨日シネマヴェーラ映画史上の名作でみたルビッチの「ニノチカ」が良かった。グレタ・ガルボ扮する共産党員ニノチカがたまらなく良かった。
あれくらいの美女がコメディをすると映画は引き締まります。

私も今年は美容や服装などにもっと気を遣い、あれくらいの、、以下略
今年もよろしくお願いします。

タツゾー

カテゴリー: 文化 |