春にして僕は想う

今週から私のいわゆる弁護士業務の繁忙期が去った。そのため、ランチで自宅に帰ったりすることも多い。最近はスープ作りが趣味になった。暇な日はそのまま食後に紅茶をすすりながら、窓から見える公園にある満開の梅の下で戯れるちびっこを眺めながら、ああ、弁護士の仕事がないとはこうも穏やかなことなのか、とほのぼのしている。今日は近所のおばあさんの家にお昼を食べにいっていたが、戻っても我が事務所は平和だ。憲法9条の賜物だろうか。

午後3時。事務所に戻る、するとチャイムが。地元の信用金庫の行員が定期積金の集金にやってきた。あー、お金用意しておくの忘れていた、と事務所の下の三菱のATMで3万円を下ろし、お姉さんに渡して、積金手帳にスタンプを押してもらってまた来月。これはいったいどういう商売なんだろうか。うちの事務所も始めようか、などと考えてコーヒーを啜る。

午後4時。何か郵便物でも来ないかな〜、とポストに降りていく昼下がり、ポストには何もない。そう我が事務所は普通郵便が届く時間が遅い。これはかなり業務上不利であると思っている。

午後4時半。再度ポストに郵便物チェック。唯一の郵便物である第一法規社からのゆうメール。開封すると新刊された「弁護士 転ばぬ先の経営失敗談」。
執筆者への献本はいいが、ちょっとこのタイミングは冗談きついぜ。
一気に読了。

ここで高橋の頭に成仏理論という言葉がよぎる。
成仏理論とは高名な民事訴訟学者が唱える、大要「問題の捉え方がそもそも間違っている。食べていけるかどうかを法律家が考えるというのが間違っているのである。何のために法律家を志したのか。私の知り合いの医師が言ったことがある。世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。人々のお役に立つ仕事をしていれば、法律家も飢え死にすることはないであろう。飢え死にさえしなければ、人間、まずはそれでよいのではないか。その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう」という職務スタンスに関する有力説。
そういえば、うちの事務所には頂き物の酒とお菓子は溢れている。今日も後輩弁護士からシャンパンとワインが届いた。

午後6時。久しぶりにこのブログを書き始める。
さて最近の時事問題といえば、と東京新聞1面をめくると「格差論争 対立鮮明 岡田代表 「貧困率拡大」「富の再配分」 安倍首相「変化はない」「機会の平等」衆院予算委」の見出し
うーん、そういえば、最近トマ・ピケティの来日もあってピケティ・ブームのようだけど、キャピタルの日本語訳本は訳本というよりは著者の解説本らしい。「富の再配分」とは最近よく言われるが、いつぞや首相は、日本はまだ格差は大したことない、ピケティもそう言ってる、と話していたが、来日してピケティのインタビューみたらそうでもないらしい。おそらく本の都合の良い断片だけ教わって、とりあえず言ってみたみたいなところだろうが、こういうのは私も結構あるので耳が痛い。

自分も弁護士になって丸五年が過ぎ、弁護士会の委員会などもお誘い頂いているので、時間の許す限りは自分がメンバーになっている会議には出ている。しばらく前は若手の急先鋒として頑張っていた気がしていたのだけれど、数年ぶりに会務に出るようになると、後輩の先生方もバリバリと活躍し、会議でも発言力を増している。今週は弁護士業こそ忙しくなかったが、会務活動以外にも、ボランティア関係の野菜の栽培計画を立てて計画表を作成したり、先輩弁護士の開所パーティーに行って昼間から飲みながら蜷局をまいたりして、それでも結構バタバタしていた。また、近々行う元アスリートのインタビューに向けて何冊か著書を読んでみて、とりあえず弁護士業以外のことや自分ではない弁護士のマーケティング戦略を立てている。

ここのところ弁護士会の会務もでていると楽しく感じることもあるのだが、なんでこんな無駄なことを始めようとしているのか、とか、議論しているのだろう、と思うこともあるが、ここでは立場上書けない。
ところで、今年から新人弁護士のクラス別研修の担任にもなってしまったので教材を眺めていると、え、マジか!みたいに仰天している。電話のとり方の作法、電話の終わり方の作法、相手と面談するときの心構えなど、色々勉強になることが多い。はあ、指導担当辞退できないものか。
弁護士会の活動としてクラス別研修は良いと思っているけれど(自分が指導担当であることを除いて)。

午後7時。再び、東京新聞に目を移す。
『首相、在任中改憲に意欲  発議時期・内容 「自ら最終判断」』
記事によれば改憲の国会発議は来年夏の参院選後が望ましいと考えているとのことだ。

と、なると、来年夏くらいまではうちの事務所も暇ということだろうか。
平和は良いなあ。南無阿弥陀仏。

タツゾー

カテゴリー: 政治 |

2014年を振り返って

あけましておめでとう、と言いたいところですが、私に恋人ができたことを除けば、やはり年は明けたが別におめでたくはない、そんな気持ちです。この経済情勢、つまらない紅白歌合戦、恐ろしい政権を眺めて、当たり前に明ける年を迎えたくらいで「おめでとう」と言うほど、私はおめでたい男ではない。繰り返しになるが、恋人ができたことを除いては。

昨年はよく働き、よく遊んだ、30歳にもなったし、体も壊したが、年末には仕事も一段落して個人的には悪い年ではなかった。が、やはり時代が好きになれない。昔から懐古傾向のある自分ではあるが、益々その傾向が強まっている。ところで毎年12月と新年の仕事といえば年賀状作りと発送なのだけれど、今年は送られてきた年賀状に、仲良くしていた方のお店が最近営業を再開したという報告や友人が「お正月に入籍します」、と教えてくれたり、そんな賀状を眺めながら年賀状っていいなあと思った。

さて、昨年はたいして映画など見ていないが恒例の高橋の2014年好きな映画ベスト3。
1.グランド・ブダペスト・ホテル   ウェス・アンダーソン
 極彩色が彩るコミカルでハートがときめくキュートな映画。ちょっとくどかったかもしれないけど。
2.ニシノユキヒコの恋と冒険    井口奈己
 出てくる女性がみんな素敵。そしてニシノユキヒコも素敵。日本版「恋愛日記」。
3.毛皮のヴィーナス  ロマン・ポランスキー
 ポランスキーの変態っぷりが良質なジョークで上手く調和された傑作。エマニュエル・セニエの演技がたまらない。

それよりやはり昨日シネマヴェーラ映画史上の名作でみたルビッチの「ニノチカ」が良かった。グレタ・ガルボ扮する共産党員ニノチカがたまらなく良かった。
あれくらいの美女がコメディをすると映画は引き締まります。

私も今年は美容や服装などにもっと気を遣い、あれくらいの、、以下略
今年もよろしくお願いします。

タツゾー

カテゴリー: 文化 |

2015年の12月の雨の日

今年ももうすぐ終わろうとしている。12月といえば、クリスマス。年に一度のクリスマス。奇妙キテレツクリスマス。何故か知らねどクリスマス。大瀧詠一さんがなくなってもうすぐ一年、今月大滝さんのベスト盤が出たので、よく聴いています。今夜は、派閥の忘年会のあと市ヶ谷で忘年会、そのあと荒木町のバーの小ママの誕生日なので夜からとても忙しい。昼はそうでもないのでブログを更新。最近は飲み会を二つくらいハシゴすることも多く昔学校の先生から習った師匠も走るほど忙しい師走とはこのことか!と思っている。え、私が何の師匠かって、それは、ちょっと言えないんだけれど。

最近、私も昔からやりたかったバンド活動も始めました。来週の金曜日にバンドデビューライブをやりますが、その時はきっと衆院選の結果にがっかりしながらセルジュ・ゲンズブールのNazi rockを歌っていることでしょうね。ちなみに一曲だけですがオリジナルも作りました。My Bloody Chiristmas Eve.という曲で、初めて作詞作曲をした割にはとても良い曲になりました。まあクリスマスソングなので1度歌ったら少なくとも1年はお蔵入りになりますが。

やはり最近の時事ネタといえば衆院選。
東京新聞28面こちら特報部より
「政権信任、有権者の20%。このままでいいの?」「低投票率」で「与党圧勝」の情勢
ここのところ私はとても忙しい。週末の衆院選に立候補した候補者たちも私ほどではないにせよ、忙しそうですね。ただ、私はそれほど忙しくても選挙の投票には行きたいと思う。投票に行かない人はおそらく候補者より、私よりよっぽど忙しい人なんだろうと思うので、私はこれから飲みにさそったりデートに誘ったりすることはないと思う。でも武井咲に少し似ていれば、デートに誘いたい。
ちなみに私の選挙区は、割と拮抗しているようで、現職、元合わせ衆議院議員経験者が3人も出ているうえに、常連のドクター中松氏も出ている。まさに群雄割拠。事務所が駅の近くなもんだから結構演説をしている候補者を見かける。最近お話させていただいた弁護士の候補も色々とお騒がせの先生ではあるが、政策がしっかりしているようなので応援をしたい。それでもズラッと並んだ候補者名簿を見ていると、おそらく自民党の候補者が当選するのだろうけど、自民党の候補者はその人の能力が高いというよりは、社交的で、長いものに巻かれたい、お調子者、という感じで、民主党は見た感じは何故かパッとしない、真面目だが暗そう、つまらなそう、そういうイメージがある。やはり私の選挙区でいうと一番能力がありそうなのはダントツでドクター中松なんだけれども、ではドクターに投票すべきとも思えない。そういう訳で自分の選挙区に関しても誰に入れようか大変に迷うところで、迷いに迷って、投票に行かないという世の多数の人に成り下がってはいけないと思っている。
景気回復、この道しかない。この道しかないとおもったら、この道じゃなかった、というのが、世の常で、別に景気回復なんてしないでしょうよ、と思ってしまう。大体にして景気回復、アベノミクス選挙とか言っても、アベノミクスが上手く行っているならなぜ解散総選挙なんてするのかと思う。
そろそろ、私も弁護士生活丸5年になるのだけれど、さすがに5年もすれば伴侶が見つかっていると思っていたが、生活ぶりに変わり映えがない。むしろどちらかと言えば、私のプライベートライフの幸福度は後退している。アベノミクスの効果は大企業だけで市民にまで届いていないとテレヴィでコメンテータが口にしているけれど、まさにそういうことかと思う。この子しかいない、と思ったら、この子じゃなかったみたいな話は結構あったが、やはり私はアベノミクスの恩恵が全くない、と声を大にして言いたい。

それにしても今年は1年が早い。最近は本業が忙しい上に、仕事が忙しくなると、仕事だけに生きてはいけない心理が働くため、また別の予定を入れてしまい、益々忙しくなるというスパイラルにはまってしまう。この現象はなんというのかと人にきいたらそれをリア充というのだよ、と言うから、そうか自分はリア充なのか、それなら良かった、それにしてもなぜか虚しい。しかも懐も寒い。最近はもう本当に政権が嫌いで、かと言ってそのあたりのことで意見が合ってお話できるのが近所の小さいイタリアンレストランのおばちゃんくらいなもので、私の閉塞感ここに極まれりといった状況である。

そうか、私の不幸せな原因は政権が嫌いだからなんだ。そして、今回も与党圧勝の情勢ということは、、、ああ、来年もきっと閉塞感に包まれているのだろうな。
「明日あたりはきっと春」ならいいのだけれど、うーん、2015年の12月の雨の日、何を思っているのだろか。春よ来い。

タツゾー

カテゴリー: ブログ, 政治 |