俺、俺、親孝行しました

開業のお祝でいただいたフラワーアレンジメントのカゴがたくさんあったので,それを回収(?)しに,今日は田舎から母が事務所に遊びにきた。母と近所にある知り合いのお店に行くと「お姉さまですか」と聞かれた。そんなわけはない。

さて本日の日経は夕刊14面(社会)より。

振り込め被害100億円 カード詐取あわせ オレオレ型件数44%増

2004年から2008年までの年間250億円から比べると減少傾向だが,昨年も振り込め詐欺の実質被害額は100億円を超えたとのこと。
オレオレ詐欺,なりすまし詐欺がニュース報道され始めてから既に何年もたっているがこの手の詐欺はますます巧妙化し後をたたない。
最近多いのが入れ換わり立ち替わり複数の人物から電話がかかってきたり,色々な人物が自宅に訪れたりして行われるいわゆる「劇団型」らしい。
また,「社長」や「番頭」などの役職で呼び合い,毎日会社に出勤するようにマンションの一室へやって来て詐欺活動を行っていた詐欺団もあるらしい。
いつか非常によくできたオレオレ詐欺注意のCMがあったが,詐欺撲滅のため本物の劇団がオレオレ詐欺団を演じる演劇や映画・DVDを制作すると良いと思う。

実は本日東京に遊びにきたうちの母も,昨年もう少しでオレオレ詐欺の被害に遭うところだった。
詐欺被害防止のため,お恥ずかしながらその事例をここで紹介する。

ある夜,私の実家の電話に私の兄を名乗る男から電話がかかってくる。
兄は携帯電話をトイレに落として壊してしまったので,携帯の電話番号が変わったと母に話す。母は久しぶりの息子からの電話に喜び,しばらくよもやま話をした。
電話の最後に兄は母に携帯のメモリーが飛んだので母に携帯番号を聞いた。そして新しい携帯からワンコールをするから登録をしてくれと母に話し,電話を切った。
数分後母の携帯には携帯の番号からの着信が来る。母は久しぶりの息子との長電話に気分を良くし,その番号を息子の新しい携帯の番号として登録し,床に就いた。

その翌朝母は私に電話をかけてきた。兄が携帯をこわして番号が変わったらしい,兄も風邪をひいていていま風邪が流行っているので気をつけろとのこと。
兄から私にはまだ連絡は来ていない。

数時間後母から再び電話が入る。兄が民事上のトラブルを起こし,裁判になりそうだという。既に相手にも兄の側にも弁護士がついていて,100万円の慰謝料と30数万円の弁護士費用の合計額を支払えば訴訟にはならないということで,兄と兄の代理人から電話がきているという。
母「兄の弁護士は○○という人で番号は090*******で相手の弁護士は★★★という事務所の●●●という弁護士らしいの。私はお金送ったりは嫌だからタツゾーがその弁護士のところに持って行きなさい。」
私「★★★っていうのはヒルズに入ってる事務所で普通そういう事件はやらないんじゃないかな」
母「まったく,弟が弁護士だっていうのに他の弁護士に頼んで,そのお金だってかかるのに。バカなんだから。ちょっとタツゾーから電話してみなさい。携帯が壊れたとか言ってたのもたぶんこういうことで脅迫とかあってたんじゃないの。新しい番号は090::::::::::::だから」
私は母から聞いた兄の新しい電話番号に電話をすると男が出た。
私「もしもし」
兄「どなたですか」
私「俺だよ。弟だよ」
兄「タツゾー?」
名前を知っている。兄は本物か。いや,しかし妙に偉そうだ。兄は私のことをタツゾー「さん」と呼ぶはずだ。
私「ほんとに××か?」
兄「そうだよ。何なんだよ。」
私「俺の誕生日は?」

電話が切れる。兄はニセモノで母との長電話の中で弟である私の名前を憶えたようだった。
私から本物の兄の携帯に電話をかけると兄は出なかったが電話が通じたため,携帯が壊れたという話はウソであることが判明した。
母に電話して,これはオレオレ詐欺だというと,母はニセモノの兄に10分以上も説教してしまったことを後悔している。さらに,母は最近あまり電話をしてこない本物の兄の文句を話し始めた。
「お袋,とりあえず俺仕事あるから電話切ります」

高橋家は危機一髪でこの詐欺の被害は免れたが,私は前日の携帯番号の変更の話を聞いて本当に巧妙だと思った。おそらく彼らは電話の一部始終を録音していることから,電話の内容を分析し話し相手の家庭状況などを記録に取りあたかも家族の一員であるような話ができたのだろう。まさに劇団型だ。母はここでは書けないようなよもやま話を偽モノの兄としたらしい。
それにしても,電話でうちの母から説教をうけた偽兄は何を感じたのか聞いてみたいものだ。

6年くらい前には祖母がオレオレの被害に遭いそうになった。当時,それを期にオレオレ詐欺に警戒した母が兄の電話に「あんたは××じゃない。そんな声じゃない」と勘違いするなどのこともあった。
オレオレ詐欺はますます巧妙化している。皆さんもオレオレ詐欺には気をつけていただきたい。

また現在,詐欺の被害金を取り戻すと謳っているサイトなどがあるが,一体どのような方法で取り戻すのか知りたいところだ。それがさらなる詐欺になったり,または弁護士法違反の活動をして犯罪被害者を食い物にしているのではないか,少し気になるところだ。
とにかく,詐欺に遭ってからでは遅いので,お金を振り込む,手渡す前に自分から警察や家族・友人に電話をして相談するべきだろう。

最近では日屋いのアルバイトとして騙されオレオレ詐欺の現金受領役をしてしまう貧困ビジネスの被害者もいるようだ。詐欺の一部と知ってこれを行った場合,共同正犯または,ほう助犯として共犯になる可能性がある。オレオレ詐欺に利用されるような銀行口座を譲渡した場合には,「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」で罰せられる。自分で使う目的なく売却するために口座開設をした場合には,それ自体が銀行に対する詐欺となることもある。オレオレ詐欺の首謀者はみずからは捕まらないように,これまで犯罪に手をそめたことのない警戒心の薄い人間を利用し,詐欺の体制を整える。注意しなければならないのは,詐欺の一翼を担っていることを認識しながらこのような行為をしてしまった場合には,たとえその協力行為の報酬が僅少額であったとしても黒幕と同様の刑事罰が待っているということだ(黒幕は捕まらないことも多い)。また,詐欺の被害者に対しては首謀者と連帯して民事上の損害賠償責任を負うこととなる。

オレオレ詐欺の増加は,詐欺の被害者だけでなく,犯罪とは遠い世界にいた人間を犯罪に関与させることとなった。詐欺の被害も重大だが,甘い認識で犯罪に手を染めてしまう人間の増加を食い止めることも急務である。罪刑法定主義の実質化のため,銀行や携帯電話販売店,ハローワークなどに詐欺のほう助となりうる行為やその他犯罪を構成する闇のアルバイトが犯罪となることを周知させる措置が望まれる。そういう意味でもオレオレ詐欺の増加は本当に重大な社会問題となっている。

自分の親や祖父母が詐欺に遭わないように,時々は顔を見せたり声を聴かせるのが親孝行だと思う。自慢ではないが私は昨年母のオレオレ詐欺の被害を食い止めたという手柄がありそれなりの親孝行をしたという自負がある。

そういえば,今週の日曜日は池尻大橋駅前の商店街でオレオレ詐欺撲滅もちつき大会があり餅の無料配布があるらしいので楽しみにしている。どんな餅つき大会なんだ!

タツゾー

関連記事

    None Found

カテゴリー: 社会   パーマリンク