今さらですが、お花見行きました

今日はなんだか暖かい日で、お昼は目黒川沿いのスナック「あじさい」にランチにでかけ、お花見をしていた。

本日の日経は2面(政治)より

「レベル7、今さらなんだ」 菅政権の原発対応 小沢元代表が批判

民主党の小沢元代表が4月12日鳩山由紀夫前首相の個人事務所を訪ね会談し、原発事故の事故評価をレヴェル7に引き上げたことについて「チェルノブイリ原発並みの事故なのはもともと分かっていたのに、今さら何だ」と菅政権を批判したという。

「小沢、鳩山が今さら何だ」との反撃が返ってきそうだが、私としては、そんなに自明であったならばレヴェル7に認定するまえから大きな声を上げて話してほしかったと思う。原発事故レヴェル引き上げの正式発表があったのちに、辞任した政治家たちがあつまって現政権の発表が遅い、「俺達はもっと前からわかっていたぜ」と批判しても、何とも見苦しいものだ。
個人的な意見としては、事故レヴェルの引き上げのような情報提供は「今さら」だろうがなんだろうが、評価認定がされたときに発表するものなのではないかと思う。
東工大を卒業している現職総理も、東北大を卒業した敏腕官房長官も、宇宙人の異名をとる元総理でも、経済産業省原子力安全保安院の専門家の判断に先立ち「俺はこれはレヴェル7だとわかっている」なんていうことはできないだろう。それより小沢氏としては、平成16年の不動産取引に関する陸山会事件について数度の不起訴処分となりながら、今年検察審査会法の強制起訴をされたことの方が「今さら何だ」という気持ちだろう。この小沢氏の「今さらなんだ」発言は自分の境遇にも向けられているように思える。

目黒川周辺はまだまだお花見客であふれている。人びとは警戒疲れのようで、普通にお花見をしていた。

タツゾー

関連記事

    None Found

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク